Free Pattern from amirisu - Pixie Scarf Hat

We have an early holiday gift for you!
This cute little pixie hat has a scarf attached to it, which allows you (your little ones) to wear it in many different ways.  It's designed by our staff, Miyoko, using one skein of Madelinetosh Tosh Merino DK.
It's perfect for a last minute holiday gift!



Pixie Scarf Hat
                       Design by Miyoko Cancro

This super cute pixie hat is easy to knit and keeps children warm in cold days.
The attached scarf makes it even easier to wear. It's long enough to tie or wrap around your child’s neck.  Just wear as a scarf and keep the hoodie in the back. Kids won’t loose it!

Yarn
Madelinetosh Tosh DK 225yds/206m Appx100g (100% merino wool) : 1 skein
Sample shown in Norway Spruce.
Needle
US7(4.5mm)
32” circular needle or longer or stright needles (Optional)
Or needle to obtain gauge
Gauge
20 sts x 30 rows = 4 inches (10 cm) in Stockinette stitch after blocking
Sizes
Baby(Toddler, Kid)
3~12 months(1~3 years old, 4~8 years old)
The models are 5 years old and 3 years old, wearing Kid size.
Finished measurements
Hat deepth (Front edge to back of head) 6(7,8)”/15(18,20)cm
Scarf length16(18,20)”/40(46,50)cm
Tool
Tapastry needle, another US7(4.5mm) needle for 3 needle bind off (Optional)

Stitch guide
Double seed stitches :
Row1 : *K1, P1; Rep * to end.
Row2 : Rep row1.
Row3 : *P1,K1; rep * to end.
Row4 : Rep row3.



Instractions


Note: Hat and scarf are knitted in one piece. Work flat from front to back of the hat.  Then graft the back seam. Scarf is knitted flat after stitches are picked up from bottom of the hat.

Hat
Using US7(4.5mm) circular needle, CO 68(78,88) sts.
Work Double seed stitches for 8(10,12) rows.
Work stockinette stitch (K on RS and P on WS) until hat measures 6(7,8)”/ 15(18,20)cm from CO.

Separate all live stitches equally in half. Pull excessive cable out of the way and move stitches to both tips of circular needle. (Or Move stitches to 2 streight needles.)
Cut yarn, leaving a 20” (50cm) tail.
Fold the hat in harf and graft the stitches together, using Kitchener stitch or 3 needle bind off. (This invisable seam is going to be center back of the hat.)

Scarf
Using US7(4.5mm) circular needle with Cable cast on, CO 80(90,100) sts.

Note: The length of the scarf is your prefarence. If you want a longer scarf for your baby, follow bigger size. 100 sts(20”) will make it long enough to wrap around and tie in front.

With RS facing, pick up and knit 44(52,60) sts from bottom edge of the hat. (I picked up every other row from the hat.)
CO 80(90,100) sts again with Cable cast on. You should have even number of stitches.

Work Double seed stitch until scarf width measures 2”(5cm) or until your desired width.
BO in pattern.

Finishing
Weave in ends. Block lightly and wear!








*Copyrights of the pattern and images belong to amirisu.  Personal use only - commercial use, re-distribution, or re-posting on any other blog is not allowed.

鎌倉でトランクショーやります!



寒かったと思ったら暑くなったり、今は秋なのかまだ夏なのか悩む今日この頃。
編み物は捗っていますか?
来る10月4日、来週の土曜日、鎌倉で出張トランクショーを行います。

場所は「蕾の家」という、美人姉妹が2人で運営しているイベントスペースです。古民家を使った、鎌倉らしい和の空間で、お庭もあります。場所は長谷寺の近く。週末の鎌倉散歩のついでに、いかがでしょうか。




今回掲載の作品中、とくに人気のSoyokazeとAbukuはサイズ選びが少し難しいアイテム。肩が決まらないと格好良くできないので、編もうと思っている方はぜひ試着をおススメしています。普段Sサイズを選ぶ方が、肩が合わなくてMにするケースも。
糸の感じも、やっぱり実際触ってみると違います。

今回、Quince & Co., Madelinetosh、Koiguなどの糸、Cades Cove、Soyokazeのキットなどを持参して行きます。来週入荷する糸があれば、それもショップに出す前に持っていくかも?!(予定はあるんです。あとはいつ届くか。)



ニットカフェもまだ空席があります。ステキな空間で、一緒に編み物をしませんか?
時間 14:00~16:00
参加費 1000円(お茶、お菓子付き)
申し込みはlessons@amirisu.comまで。「鎌倉ニットカフェ希望」と書いて、お名前、ご住所、お電話番号などをお知らせ下さい。

鎌倉でお会いしましょう!

amirisu5号 鎌倉トランクショー
日時:10/4 (土) 13時~16時半
場所:鎌倉 蕾の家〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷2-4-2

amirisu Issue 5 ♥

Our new baby, the Fall/Winter 2014 Issue of amirisu, was released yesterday.

新しい号、2014年秋号を昨日リリースしました。



Since I started hiking in my pastime, I always wanted some cute knits that I could wear during hiking or at a mountain lodge to get cozy.  Of course, these patterns are good for knitting during the weekend getaways. Thus this collection is a dream come true for me.

数年前にハイキングを始めてから、山で身につけるニットウェア、山小屋や北海道のロッジなどでリラックスするときに羽織れる暖かいものが欲しいな、と思っていました。もちろん、そんな休暇中に楽しく編めることも大事。ですから、今回のコレクションはまさに夢が叶った思いです。



We both always love all the patterns we publish, but I can say that is especially true with this issue 5.  There are several things I want to knit, while others, I love them, but not for me.  Those are what Tokuko is planning to knit.

毎回、コレクションの全てのパターンがお気に入りなのですが、今回は特に全部好き。編みたいと思っているものが幾つもあって迷い中です。編む予定がないものは、自分の体型に合わなそうなもの。でもトクコさんがそれらを(複数)編もうかと呟いています。



Before we started to work on this issue, we never imagined Pam would accept this interview, let alone meet us in person.  We are so excited to be able to share what we have learned from her during the process.  She is gorgeous and brilliant in many ways.

今回の号の作業を始める前には、まさかPam Allenさんがインタビューに応じてくれるなんて、ましてや実際にお目にかかれるなんて、思ってもいませんでした。一緒に仕事をするなかで私たちが学んだ事柄を、一部でも皆さんにシェアすることができて嬉しいです。本当に素敵で才気あふれる女性なのです。



So, it is natural that many patterns in this issue show off Quince's yarns potential.
Olga, Mary, Hannah and Carrie did a great job creating great patterns that are wearable and fun to knit with.

もちろん、今回はQuinceの糸を使ったパターンが満載。糸の特性をとてもうまく活かしたデザインが揃っています。Olga、Mary、Hannah、Carrieのそれぞれが、着やすくて、かつ楽しく編めるパターンをデザインしてくれました。




But you cannot pick your favorite child.  We are going to introduce each pattern in the coming weeks.  In the meanwhile, happy knitting and reading!

子供の中からお気に入りを選べないように、どれかのパターンだけえこひいきするなんてできません。これから数週間かけて、色々なパターンを紹介していきたいと思います。
まずは、読むのと編むのを楽しんでください!

Meri * amirisu

Knitted by the lake

Last weekend was the Spring Squam.  If you haven't heard about it, it is a fiber art retreat in New Hampshire organized by an amazing beautiful Elizabeth.
This was my 4th Squam, but the first time both Tokuko and I participated as "amirisu" in June.

Squam Art Workshopsに参加してきました。まだ聞いたことのない方のために説明すると、6月にニューハンプシャーで行われるのはテキスタイル、ソーイング、編み物系のワークショップを揃えたリトリート。私は4回目でしたが、トクコさんは初めて。amirisuとして参加する初めてのリトリートになりました。



I had never been in a place before where there are over 100 people constantly knit day in, day out - during breakfast, during classes, walking, sitting on the docks...
It was a revelation.  Yes, it's OK to knit wherever you want, whenever you like.  No judgement.

I am 120% happy about the classes I took (Tool time with Terri was amazing - I can now use power tools besides Terri's house was magical - and Amy's (Herzog) sweater class really showed me how to pick and adjust my sweater sizes), but all the other classes seemed so good as well.  Tokuko's card weaving class with John and lace shawl knitting class with Nancy were equally intriguing (Jared was taking the card weaving class, too).  And then, it is probably not about taking classes.  The entire experience as a whole matters.

これまで6月のリトリートには参加したことがなかったので、今回初めて100人以上の人が朝から晩までずうっと、ご飯を食べながら歩きながら、レクチャーを聞きながら、編んでいるのを目にしました。すごい。好きなだけずうっと編んでいても、誰も変な目で見ません。

自分が取ったクラスに大満足でしたが(木工のクラスで初めて電動ノコギリを使い、Amy Herzogのクラスでセーターのサイジングについて学びました)、他のクラスも本当に楽しそうでした。トクコさんが取ったカード織り(Jaredも翌日に取っていた)やナンシーブッシュさんのレースショールのクラス、とてもステキでした。
とはいえ、どのクラスを取るのかはどうでも良かったのかもしれません。この体験自体が重要だったというか。



Yes, Jared from Brooklyn Tweed was there, too.  He gave us an inspiring talk in the evening about his journey in the last several years.  It was nice to reconnect with friends (both people I've met at Squam over the last few years, as well as friends we've made through amirisu), not to mention making many new ones.

At Squam Art Fair, we set up a table and displayed some samples from the latest collection.  We didn't have much to sell, but it was a good way to meet and chat with people rather than accidentally bumping into people in a crowded dining house.  Hannah, Amy, Bristol and Thea came by to give us hugs :)

そう、今回のSquamにはBrooklyn TweedのJaredが”Residence Knitter (アーティスト・イン・レジデンスのような感じ?)"として参加していて、夜には体験談のレクチャーも。久しぶりに友人達に会えて(リトリートの友人だけでなく、amirisu関係の友人にも)、新しい友達も沢山できて、本当に楽しかったです。

最後の夜はSquam Art Fairと称して、リトリートの参加者の一部や地元のアーティストがブースを構えるフェアが開催されます。amirisuもテーブルを借りて参加しました。売るものは余り持って行っていなかったのですが、4号のサンプルを展示してみました。Hannah Fettig, Amy Christoffers, Bristol Ivy, Thea Colmanといった(リトリートには参加していない)仲の良いデザイナーさん達もこのフェアに遊びに来てくれました。



Writing this made me realize that this time it really was about meeting/catching up with friends.  We hope to return to the beautiful magical place sometime in the near future.

こうやってブログを書いていると、改めて今回の旅は「友達に会う」旅立ったなと気がつきました。またいつか、このスペシャルな場所に2人で戻りたいなと思います。



Last but not least, one of our cabin mates Helen interviewed me for her podcast, Curious Handmade.  I will share the info when the episode is released!

それから、今回キャビンメイトだったヘレンがPodcastをやっていて、amirisuもインタビューしてもらいました。英語なのですが、そのうち放送されると思うので、そうしたらまたお知らせしますね。

Featured: Whisper by Veera Välimäki

Hiya! It's been a while since I last updated this blog.  We had a retreat to run, plans to scheme, that had kept us quite busy.  But, we are off to vacation tomorrow!  Our very first trip to abroad, so exciting!

A new KAL, Whispers KAL is starting on June 14.  Hope this interview will help you decide what yarn to choose for your Whisper.  
I started swatting today, still not sure whether to use a linen yarn or Tosh Merino Light.



こんにちは。前回のブログ更新から大分経ってしまいました。リトリートや色々な企みに時間を取られていましたが、明日から久々のバケーションに行ってきます!amirisuは6/1~14お休みです。

さてそんな慌ただしいなか、人気デザインWhispersのKALがスタートします。6/14にキャストオン。参加ご希望の方はそれまでにこちらのボードに書き込みをしてくださいね。とはいえ、緩い感じでやりますので、途中参加や編み途中参加、大歓迎です。

メリは今日スウォッチを編んで水通ししてみました。まだ糸について思案中。
みなさんも、Veeraのインタビューを参考にどうぞ。



amirisu:  Hi Veera!  First question: where did you get the inspiration for your design?

Veera: Actually, the idea originated from the gauge – I wanted it be like a breeze, light and airy. Then the design itself took its shape from the ideas of drape and flow.




amirisu: Veera、こんにちは。まずは最初の質問。今回のデザインのインスピレーションは?


Veera: 実は、スウォッチを編んでみたところからデザインがカタチになっていったの。風通しの良い、軽くて空気を含んでいるようなデザインにしてみたくなって。そこからドレープや流れるようなデザインのアイデアがカタチになったの。




amirisu: That's so unusual and interesting!  A lot of people will start knitting the tops for this summer. What other type of yarn do you suggest, other than the one that is used? Any specific yarn suggestions?

Veera: Must say I’d love to see a linen or silk blend Whispers! Just make sure you get the right gauge. Especially with linen, the row gauge might stretch quite a bit – and you wouldn’t want the front pleats located too low!

Also, I would love a deep red or hot pink for Whispers, I think it would be super for a brisk summer’s eve! Certainly something bright and light.






amirisu: 多くの人がWhispersをこれから夏用に編むつもりだと思うんだけど、どんな糸を使ったら良いかというアイデアはある?代替えするなら?


Veera: リネンやシルクブレンドの糸で編んだWhispersを見たいわね!ただし段ゲージには気をつけて。リネンは伸びやすいから、プリーツが下がって胸の下に来たりすると格好悪いでしょ?


amirisu: Hmmm, I might actually choose the linen yarn.  Thank you for an inspiration :) You often use TML but this airy flared shape is something we've never seen.  What is your mood for knitting/designing these days? What type of projects or techniques are you exploring these days?

Veera: It’s actually funny, as I’ve been working on quite a bunch of shawls and wraps and scarves lately, I feel like my head is full of new sweater designs... I always seem to find inspiration for a whole different type of projects when I’m planning or working on something else! That can also be a bit irritating sometimes.


amirisu: なるほど!やっぱりリネンかー。アイデアをありがとう。Tosh Merino Lightをよくデザインに使っていると思うんだけど、WhispersのようなタイプのトップスはVeeraにしては珍しいよね。最近のデザインのマイブームや、気に入っているテクニックやディテールってある?

Veera: 不思議なことに、最近とにかくショールや巻物ばかり沢山デザインしているでしょ、そうすると頭にはセーターのデザインばかり湧いてくるの。いつもその時作業しているタイプの作品とは違うアイデアばかり思いつくようなのよ。たまにイライラしちゃうわ(笑)。


amirisu: Where is your favorite places/spots/circumstances to knit? 

Veera: My favorite place to knit is definitely in our garden, too bad it’s only possible in the summertime! Now that I think about it, it might be the long months of winter that make me want to stay outside for more than just a quick walk. We also have a ridiculously huge white garden table, it’s perfect to spread all the current WIP’s on!



amirisu: 話変わって。どこで編み物をするのが好き?お気に入りのスポットは?

Veera: わたしのお気に入りはなんといってもお庭ね。夏しか外で編めないのが本当に残念!そう言われてみれば、長い長い冬があるから、夏は散歩以上にとにかく外に出たいって思うのね。家のお庭には馬鹿げたぐらい大きな白いテーブルがあって、そこに編みかけのプロジェクトを広げると最高なの。



amirisu: Sounds like your favorite season for knitting is finally here!  Funny, most knitter long for cold winter.Last question. How did you like our latest issue? Any favorite part of yours?

Veera: I’m so honored to be part of this particular issue, I loved it all! Maybe the most interesting part of the issue for me was the interview of Kirsten Johnstone, reading through the ideas and thoughts of other knitwear designers is always intriguing! 


amirisu: お気に入りの季節がついにやってきたようね。おかしい、殆どのニッターは寒い冬が恋しいのにね。
最後の質問です。今回のamirisuでは何がお気に入り?感想など聞かせてね。

Veera: 今回の号に参加できて本当に光栄に思っているわ。全部素敵!一番のお気に入りはキルステンのインタビューかしら。他のデザイナーがどんなところから着想を得ているのか、とても興味深いわ。




All images by Veera Välimäki

Featured: Gake by Kirsten Johnstone


Gake is our featured pattern this week.  Designed by Kirsten Johnstone, the summer top has very interesting and unique features yet chic and wearable.
今週はGakeを特集します。4号でもフィーチャーしたキルステンのデザイン。特徴的な構造とディテールを盛り込みながらも、シックで着やすいトップスです。



ヤーンパックはこちら

Kirsten described the features for us:

Kirsten: My design inspiration developed from thoughts about the inherent contrasting features of stockinette stitch and reverse stockinette stitch. I wanted to explore a design that celebrated both sides of the knit while still ‘working together’ as a coherent design.

This design incorporates 2 completely different shaped tops, butted together along the central exposed seam line. One side of the design features a fitted sleeve, smooth stockinette stitch and tailored waist shaping with a longer hem line. The other side has a sleeveless snug shoulder hugging cap, reverse stockinette stitch, a flared hem with waist shaping and a shorter hem.
It reveals more on a second and third glance without screaming ‘look at me’!

デザインの特徴について聞きました。
キルステン:表編みと裏編みの編み地を組み合わせてみたいというアイデアから生まれたデザイン。表と裏を同時に楽しみながら、かつ一体感のあるデザインとして協調しあうというのを目指したの。
全く異なるかたちのピースを2つ中央で突き合わせ、表にシームが見えるように繋ぎあわせています。片方は表編みでウエストに沿ったライン、長めの裾にセットインスリーブ。もう一方は袖なしで肩を包むようなカタチ、裏地に少しフレアした短めの裾。パッと見では目立つものはないけど、段々左右の違いが見えてくるというのを意識しているわ。



What other type of yarn would work for this pattern? Any modification ideas?

Kirsten: Yes! I have included in the pattern a modification to make this design a cardigan. So easy to do and would make this into a super funky little cardigan – perfect for those mild summer evenings I love.
As for yarn, I think a yarn with some “structure” might display the flared hem detail effectively – perhaps a linen or linen blend. I would also consider a silk / merino yarn with some “bounce”.

どんな糸で編むといいのかしら?また、自分でデザインに変更を加えるとしたらどんなアイデアがある?
キルステン:あるある!パターン自体に、カーディガンにする編み方法も含まれているの。簡単に、カッコいいカーディガンができるわ。私も大好きな、夏の肌寒い夜にピッタリ。
糸に関しては、ある程度ハリのある糸の方が裾のディテールが効果的に見えると思うの。リネンやリネン混紡かな。少し弾力のあるシルクメリノのような糸もいいわね。



If you are to knit it again, any ideas for color choices?

Kirsten: I’ve been pondering a version using grey tsumugi silk to the stockinette stitch side and doing an irregular striped color combination to the reverse stockinette stitch side to really highlight the contrasting features of this design.

もう一度編むとしたら、どんな色を選びますか?
キルステン:グレーのツムギシルク(八布の糸)を表編み側に使って、もう一方はランダムなストライプなんて、左右の違いが際立っていいんじゃないかしら。


Lastly, how did you like our latest issue? Any favorite part of yours?

Kirsten: I particularly enjoyed those sweet Mondrian Socks! I’m conjuring in my mind a fabulous ‘grellow’ pair but I readily admit to not being much of a sock knitter. However, that said, when the time is right, those are the ones at the top of my list!

Next week Mondrian Socks will be featured - so perfect. Thank you, Kirsten!

最後に、最新号についての感想をいただけると嬉しいです。どのへんが気に入ったとか。
キルステン:私のお気に入りはモンドリアン・ソックス!めったに靴下を編まない私だけど、頭の中でグレーと黄色の組み合わせをイメージしているの。編みたいプロジェクトのトップに入れているので、タイミングが合えば是非編みたいわ。

来週はモンドリアン・ソックスを紹介する予定だったので、完璧。どうもありがとう!



Please join Tokuko to knit unique Gake of your own. The cast on date is April 4th, and the details can be found here: http://www.ravelry.com/discuss/amirisu/2877433/

4月4日よりGakeを一緒に編むKAL(knit-along)がRavelry上でスタートします。トクコと一緒にGakeを完成させましょう。
詳細はこちらのページにあります。http://www.ravelry.com/discuss/amirisu/2877433/

Gakeのヤーンパックを販売中です。バラバラに買うと中々面倒なので、材料がすべて揃ったこのパック、ぜひお買い求めください。色は3色。トクコはグレースペックで編みます。
http://amirisu.thebase.in/items/415333

Featured: Preble by Leila Raabe

みなさん、こんにちは。
今号はちょっと気合いを入れて、掲載作品やデザイナーの方々を紹介していきたいと思います。第1弾は、Preble。リリースの1週間前まで表紙にする予定だった、レイラのデザインした帽子です。

From this week to July, we are going to introduce patterns and designers from the latest issue.  The first is Preble, a beautiful intricate hat pattern from Leila Raabe.

This was the initial cover image - until a week before the release.
表紙候補だった写真はこれ。ちょっと古い雑誌風にしたかったので。でも、春らしい方を取りました。






今回建築写真を並べたイメージボードを元にデザインしてもらった帽子がこれ。
どうやって生まれたのでしょう?

レイラ:今住んでいるメイン州ポートランドの中心市街地、美しいレンガ造りの建物が沢山あるの。特に、毎日通勤途中に目に入るこの建物に刺激を受けたわ(このリンクから1900年代初めごろの様子が見れます)。

When presented the mood board full of architectural photos, Leila came back to us with the Preble design. Where has she gotten the inspiration?

Leila says: My current neighborhood, downtown Portland, Maine, with its beautiful brick architecture; in particular, the building at the head of my street that I see every morning on my walk to work (a neat vintage photograph of this building from early 1900s can be found at the following website: http://www.mainememory.net/artifact/18124/enlarge).

建物の外壁を思い起こさせる、リブのデザイン。上手く表現されていると思います。
でも他の糸で編んだらどうなるかしら?と聞いたところ、

Shelterの糸の質感がこの模様にはピッタリだとおもうのだけど、Loftでもいいわね。実は最初はLoftで編もうかと思ってスワッチを編んでみたの。ゴム編みとケーブルのバランスがどんな感じになるのかと思って。結果とてもデリケートな編み地に。これも結講気に入っているわ。」とのこと。
他の色で編むとしたら、おススメはもちろんレンガ色だそう。Wool Socksという色がお気に入りなんだけど、それほど注目を浴びていない色で残念なのだとか。

A swatch in Loft
Loftのスワッチ
A swatch in Shelter
Shelterのスワッチ




The image of the brick wall is extremely well recreated with the stitch pattern! What other type of yarn would work for this pattern? Any specific yarn suggestions?

Leila: I think the woolen qualities of Shelter are perfect for the ribbing pattern and twisted cable. If I had to pick a different yarn, it would be Loft. One of my initial swatches for the hat was actually done in Loft to see what kind of scale and proportion the rib and cable would have (the result: very delicate. But I'd still love to do a fingering-weight version!).

If she is to knit it again, she would choose brick red, she added.  One of her favorite colors of Shelter is Wool Socks, and she feels it doesn't get the attention it deserves.

もしデザインに変更を加えるとしたら、彼女なりのアイデアを聞いてみました。

レイラ:自分自身が緩みのある帽子が好きなので、デザインする帽子の殆どは少し長さに余裕があるの。Prebleについても、もう少しピッタリした帽子が好みであれば、メインチャートの段1〜14を省略し、長さを4.5cm縮めるといいと思う。これによって、全体の長さが18.5cmになるわ。

Loftで編んでみたり、レンガ色で編んでみたり、というアイデア。ピッタリした帽子なら男性用にもいい感じ。
色々なアイデアを貰いました!

We asked about modification ideas, too.

Leila: I love wearing slouchy hats, and most of my hat designs are written with extra hat height as a result. To modify the hat to a more traditional beanie height, though, I would suggest omitting chart rows 1–14 of the Main Chart to shorten the overall height by 1.75" (4.5 cm). This would give you a modified hat height of 7.25" (18.5 cm).

最後に、Leilaに編み物について訊いてみました。
最近編み物的にはどんな気分?凝っている編みかたとかある?

レイラ:毎晩できる限り編むようにはしているんだけど、皮肉なことに毛糸メーカーに務める前よりも編める時間が少ないわね(笑)。他のニッターのみんなと同様、私もドラマの1シーズン分を一気見するのが好き。ソファーに釘付けになっている間に随分編み物が捗るのよ。
デザインに関しては、アイデアが湧くに任せているところがあって、いつまでに何を仕上げようといったルールには従わないようにしているの。その方が創造性が刺激されるし。そして、いつもショールに戻ってくる気がしている。様々な理由から、ショールを編むのが一番好きなのね。飽きることはないと思うわ。次はセーターをデザインしようと思っているけどね!

Lastly, we asked about her knitting habit.
amirisu: What is your mood for knitting/designing these days? What type of projects or techniques are you exploring these days?

Leila: I knit in the evenings whenever I can these days, which ironically is less than when I didn't work for a knitting-based company. :) Like a lot of knitters I love to put on a TV show and watch an entire season in one or two sittings--a lot of knitting gets accomplished when I'm glued to the sofa.

As for designing, I more or less let ideas come to me as they will, rather than try to adhere to a more rigid schedule of "x concepts" in "y frame of time". I find that this approach works best for my own creativity. I keep returning again and again to shawls--they're my favorite kind of project for so many reasons. I don't think I'll ever become bored by them. I'd like to design another sweater soon, though!

Leila with her latest shawl design, Florin Triangle. So gorgeous!
最新のデザイン、Florin Triangleショールを身につけるレイラ。ステキ!

amirisu リトリート:ワークショップについて

リトリート、とはいえワークショップも大事。
3人の講師によるワークショップの内容を紹介します。
そして今回、海外の人気糸メーカー4社が教材とヤーン・テイスティングに糸を提供してくれます!


         
 

まずは、amirisuのパートナーでもあるオチアイトクコさんのクラス。トクコさんは2種類のクラスを担当します。
クラス1:レース模様のスヌード
レベル:初心者(編み物未経験者も大丈夫!)
海外の人気毛糸ブランド、Quince & Co.の毛糸を使ってスヌードを編みます。
編み物をやってみたいけれども、どうしてもその一歩が踏み出せなかったあなた。それはどうしてでしょうか。難しそうだから?それとも簡単そうなものはオシャレではないから?編み図が読めないから?大丈夫!簡単でオシャレな編み物、あるんです。

今回は、編みやすく、見るだけで嬉しくなるような海外の糸を選びました。
日本には無い、素晴らしい色展開です。色は事前に選んで頂けます。また、パターンはわかりやすい文章パターン。書いてある通りに編めば出来上がりますよ。
一度編み方さえ覚えれば、次のステップは簡単です。このクラスがその足がかりになればと思います。

また、英語と日本語、両方のパターンを用意し、英語パターンがどう構成されているのかを丁寧に説明しながら編み進めます。英語パターンの基礎を学びたい方にもピッタリです。みんなでおしゃべりしながら、楽しい編み物時間を過ごしましょう。



クラス2:編み物レベルアップ講座
レベル:初心者〜中級
1人で編み物をしていると、ふと不安になることありますよね。
「私の綴じはぎは合っているのかしら。」「もっといい技法はないのかしら。」そんな疑問や不安をこの講座で解消しましょう。

よく使う便利な作り目・伏せ目の紹介、綴じはぎ・編込みの基本的なやり方などを織り交ぜた、小さな編地を編み、最後はアームウォーマに仕立てます。もちろんパターンは英文パターン。そちらの読み解き方も紹介します。使用糸はBrooklyn TweedのLoftです。

現在、世界では編み物の新しい技法が次から次へと誕生しています。日本では紹介されていない技法、本当にたくさんあるんです。このクラスで色々な技法を試し、編み物の自由さを感じて頂ければと思っています。
さあ、次はあなたが技法を考える番かもしれませんよ!



次はamirisu3号でもフィーチャーした、日本に在住経験もあるオルガの中級クラス。
クラス1:デザイン・インスピレーション(モチーフを使うって?)
レベル:中級
オルガ自身がこれまで身につけてきたデザインの手法やインスピレーションについて教えてくれるクラス。最初に説明するのは、編み地がどのように変化するのか、それをどうやって予測するのか、という話。その知識をもとに、オルガがデザインした3つのモチーフから好きなものを選び、参加者独自の小物(スヌード、スカーフ、ショール、帽子、リストウォーマーなど)のデザインに挑戦します。 材料は八布などのストレートヤーンを使用します。





クラス2:デザイン・インスピレーション(モチーフを創るって?) 
レベル:中級 
インスピレーションの源としてどんなところに目を付けたらいいのか、それをどのように記録するのか、編み模様に変換するにはどうしたらいいのか。その技術を学ぶクラスです。アイデアに合った素材を選び、編み地に仕上げるプロセスを教えます。スケッチやチャート、スウォッチの仕方に加え、出来上がった編み模様をどうやってユニークな作品に仕上げたらいいか、オルガの方法を紹介します。
オルガがデザインした沢山のスウォッチを見られるチャンス。苦労の跡が伺えるはず、とのこと。


3人目の講師は、皆さんもご存じのセキユリさんのクラス。
セキさんといえばグラフィックデザイン、北欧仕込みの織物やバンド織など、様々なクラフト手法や作品作りに精通し、サルビアという会社を主宰しています。今回はスタンプを使ったファブリックプリントを教えて頂きます。
クラス1&2(共通)
レベル:特になし 定番のスタンプに加え、自分でイメージしたモチーフから、消しゴムのスタンプを自作します。どんなデザインが展開しやすいか、可愛く仕上がるか、説明します。そして、先生お勧めの色のスタンプを使って、作品の制作に入ります。
最初は紙を使って練習。最終的にはフォグリネン製のバッグに、思い切って「えいっ!」スタンプを押していきます。
スタンプの作り方、配置の仕方、インキの選び方、他の作品への応用など、幅広に指導します。

※ 以上のワークショップで使う材料は全てこちらで用意します。

amirisuリトリート:プログラムについて

プログラムの全体像について、簡単にご説明します。
まず最初に伝えたいのは、2時間コースの編み物講座や1泊2日のワークショップと、リトリートは全く別ものであるということ。3泊、4泊のリトリートの目的は1泊2日のものとは全く異なります(amirisuリトリートは3泊です)。




一番の目的は、技術の習得ではなくて「自分をリセットする」ということ。
これを、素晴らしい環境のなかで好きなことに集中しながら行います。
環境がとても大事なので、団体客が泊るような普通のホテルでは駄目なんです。そんな環境を実現するため、何年もかけて実際に旅をしながらロケーションを探し回りました。アートビオトープは質の高い施設ながら、こじんまりともしていて、リトリートで貸し切りにさせて頂くことができました。



もうひとつの目的は「参加者同士のシナジー」。同じ興味を持ち、リトリートという未知の世界に1人で飛び込んでくるエネルギーの持ち主。30人が集まって3日間過ごすことで、お互いの気持ちを高めあい、励ましあい、創造性を発揮する勇気をくれるのです。最初の2日間くらいは皆様子見で、この雰囲気が生まれてこないので、3泊どうしても必要でした。




3つ目になって、ようやく「好きなクラスを取ること」が挙げられます。クラスについては、また別個に説明しますね。

3泊と言いましたが、会社を2日休む必要はありません。初日の木曜日、もし東京近郊にお勤めなら、5時に会社を出て新幹線に乗れば、十分那須まで間に合います(1時間早退すれば、さらに完璧)。初日のウェルカムディナーが遅めの時間スタートなのは、そんな理由からです。荷物は前日にアートビオトープ宛で送るという手も。
つまり、金曜日1日お休みすれば、参加できます。

1日目、美味しいご飯を食べた後はゆるりと自己紹介をしてお互いを知り合い(30人弱なので簡単)、早めに就寝。
2日目と3日目は朝、森のコンシエルジュ・ウォークを予約できます。2日間参加するというのも可能。散歩のあとに朝食を食べ、10時すぎからワークショップのスタートです。
天気が良ければ中庭に椅子を並べて、外でワークショップというのも考えています。
2日目の自由時間に企画しているのは、写真のワークショップ。amirisuの写真を撮影して下さっているプロのファッション写真家、鏑木希実子さんが撮影のコツを伝授してくれます(参加は希望制)。編みあがった作品を持参して、参加者同士撮影しあうのを、鏑木さんに指導して頂きます。写真も習えてプロジェクト写真も持って帰れる。一挙両得ではないですか。
3日目のランチは石窯でピザを作ります。詳細はアートビオトープの紹介をご覧ください。ディナーでは、最後の晩なので、それまでの作品の見せあいっこをしながら、和気あいあいと美味しいご飯を頂きましょう。作品展示も企画中です。
4日目、日曜日の朝ごはんを食べ、みんなで写真撮影をしたら解散です。そのあと那須エリアを回ってから東京に帰ってもよし、オプションでそば打ち体験や陶芸体験もご用意しています。こちらはアートビオのプログラムのため別途料金がかかりますが、先生にじっくり教えてもらえるのでとてもおススメです。私もここで陶芸をしたことがあります。



全体感はこんな感じです!結構盛りだくさんなので、出来ればもう1日増やしたいくらい。楽しんで頂けると思います!

おっと、とはいえ、水曜日や木曜日に早く来て、アートビオトープに泊りながら二期倶楽部のスパでエステ三昧、なんていうのもありだと思います。その場合は宿を押さえますので、お知らせくださいね。


amirisuリトリート: 
開催場所のアートビオトープについて

リトリートの開催場所となる、那須のアートビオトープについてのご紹介。





那須塩原駅から送迎バスに揺られて20分ちょっと。横沢の森の中にある宿泊施設です。


敷地内にはダイニングカフェとギャラリー、そしてガラス工房・陶芸工房が併設しています。アーティスト・イン・レジデンスを行っている関係で、滞在アーティストの方々が作った作品が点在。自然とアートに溢れた場所です。
共有スペースであるラウンジでは、敷地内で取れたハーブティーが飲み放題。ゆったりとした時間を楽しめます。


そしてなんと言っても、アートビオトープを運営するのは二期リゾート。かの二期倶楽部が隣にあり、敷地の中を散策し、スパや露天風呂も使用可能で、食材も二期倶楽部の敷地にあるキッチンガーデンから供給されています。二期倶楽部のほうは1泊10万円コースであることを考えると、とても幸運な位置関係です。


その地の利を生かし、今回は二期倶楽部さんのプログラムであるピザ作りを取り入れています。
キッチンガーデンで好きな野菜やハーブを収穫し、ピザの上に思い思いに乗せてから、石窯で焼きます。焼き時間はあっという間。アツアツのピザを頂きます。


去年朝の散歩中に取ったカタクリの群生。

もうひとつ、二期倶楽部さんのプログラムとして、森のコンシエルジュに案内してもらう朝の散歩があります。季節の植物や森の動物たちの話を聞きながら、横沢の自然を堪能する1時間。早起きする価値ありです。


また、個人的にとても楽しみにしているのは暖炉付きのツリーハウス。川辺にあり、外観も中もとっても素敵なこの場所で編み物をしたら楽しいだろうな~、と夢膨らませています。


5月に那須でお待ちしてますよ!勇気を出して、来て下さい!




アートビオトープ那須
http://www.artbiotop.jp

4号トランクショー開催!

amirisu4号リリース記念として、3月1日東京で、21日〜25日大阪でトランクショーを開催します。両会場ともに、展示作品を見て触って楽しめます!また、WS、ニットカフェも開催。
以下、詳細です。みなさまとお会い出来るのを楽しみにしています。


  • トランクショー東京
    • 日にち:3月1日、10時15分〜17時まで
    • 場所:Multi Culture Space SALAD BOWL
      • 〒158-0095 東京都世田谷区瀬田4-29-11 833ビル1F
      • http://www.salad-bowl.info/
      • 東急田園都市線 用賀駅 徒歩8分、東急田園都市線 / 大井町線 二子玉川駅 徒歩15分 
    • ワークショップ
      • 帽子Prebleのワークショップ。最初の作り目がとてもユニークな帽子です。みなさんで新しい技法をやってみましょう!
        • 時間:10:30~12:30
        • 代金:6,500円。毛糸とパターンも付いています。
        • 先着6名。
    • ニットカフェ。英文パターン、amirisuパターンを持ち寄り皆んなで編みましょう。常日頃の疑問質問にお答えしますよ!
      • 時間:14:30~16:30
      • 代金:2,500円。お茶付き
      • 先着6名
    • キット販売
      • たくさんの糸をご用意しています。詳細は4号をご覧下さい。
      • 印刷パターン販売も合わせて販売致します。

ワークショップのお申し込みはamirisu.info@gmail.comまで。お名前、ご住所、電話番号をお知らせ下さい。
(キャンセルは2/26までの連絡が必要です。)

  • トランクショー大阪
    • 日にち:3月21〜25日
    • 時間:リネンバードのオープン時間、最終日は16時まで
    • 場所:リネンバード北浜 
      • 大阪市中央区高麗橋1-7-3、北浜駅直結
    • amirisuの2人は下記の日程で在廊します。
      • 21日(金)10:30~17:00
      • 22日(土)10:30~15:00
    • ワークショップ:ニットカフェ形式のワークショップ。amirisuパターン、英文パターンを持ち寄り皆んなで編みましょう。分からないところは、丁寧にお教えします。
      • 日程:3月21日(金)、22日(土)、各1回
      • 時間:11:00~13:00
      • 2,000円(お茶代別)
      • 定員:6名
    • 印刷パターン販売
      • 4号を中心に、過去の人気作品を含め、印刷パターンを販売します。この機会にどうぞ。
ワークショップのお申し込みはamirisu.info@gmail.comまで。お名前、ご住所、電話番号、参加日をお知らせ下さい。
(キャンセルは3/17までの連絡が必要です。)


リトリートからのレポート(2)

前回はリトリートが一体どんな様子なのかをお知らせしたくて、ワークショップ以外の部分を中心にお伝えしました。
今回は過去に取ったワークショップについて紹介します。
毎回参加しているリトリートがニット中心のものではなく、絵や写真のリトリートだったので、ラインアップもそんな感じになっています。

*********

Mix Media

ミックスメディア、とはご存知の通り、色々な画材やコラージュを組み合わせて作品を作るアート。絵心がなくてもアーティスト気分を味わえるということで、アメリカでは一般の人々に人気が爆発しているジャンルです。
子供の頃はいつもスケッチブックを手放せなかった私ですが、社会人になって殆ど絵を描くことをやめてしまい、スケッチブックを前に何をしたら良いか分からなかった状態。ミックスメディアだったらハードルが低そう、と思って何度かクラスを取りました。

1人は可愛らしくポップな雰囲気が人気で本も出版しているサラ・ベルマーレ。とてもクラスを教えなれているので、緊張している生徒達の脳をほぐすトリックも沢山持っていて、気がついたらみんな楽しんで創作に没頭していました。
私が作ったのはこちら。こちらから他の写真も見ることができます。

もう1つのクラスはアレナ・ヘネシーというアーティストのクラス。サラよりもスピリチュアルな雰囲気の作風で、それを反映してか、とても面白い体験でした。
クラスのテーマは「潜在意識をアートに反映させる」というもの。ヨガの呼吸や屋外でのスケッチから始まり、短い文章を書いてから、そのなかのイメージを絵にしていくというプロセス。
先生は左から3人目。こんな感じで出来上がった作品を見せながら自分のストーリーを語っていくうちに、泣き出す人が出たりして。このクラスを一緒に取った人とは妙に仲良くなり、今でも良く連絡を取っているのです。不思議でしょ。
私の作品はこれです。ミックスメディアだから、自分でゼロから絵を描かなくて良くて、ステキ。

スージー・ピルグリム・ウォータースはボストン在住の英国人アーティスト。これまで取ったなかでお気に入りの1つは彼女のクラス。シガーボックスにペイントやコラージュをして作品を仕上げるのがとても楽しく、半日があっという間でした。
彼女の作品自体も大好きです。




ペインティング

フローラ・ボウリーはリトリートで教えるようになってから人気に火がついたアーティスト。教えることによって自分独自のプロセスがより進化されたのでしょうか?今ではワークショップも大人気で、世界各地でクラスを開催しています。
私は彼女のクラスを2回取りました。2度目は3日間コース。絵の具にまみれて脳がかき回されるような心地よさがあります。写真はこちら。

ヨガインストラクターでもあるフローラも、ヨガの動きや呼吸からクラスをスタート。お互いの自己紹介をしたりして仲良くなり、互いをサポートしながら作品を作るスタイルです。最初から何を描こうかと決めず、絵の具を塗り重ねるなかからインスピレーションを得るスタイル。何を描こうか決めない、というのが想像以上に大変で、そのため隣の人と描きかけの絵を交換させられたり(!)します。
これは先生の作品。彼女の色遣い大好きです!

写真

フードスタイリングのコースはSquamでは定番で、とても人気があります。私が取ったのはボストン在住のフランス人フードスタイリスト、ベアトリス・ペルトル。彼女はブログから火がついて、新聞や雑誌に引っ張りだこのスタイリスト。私もLa Tartine Gourmandeというブログを時々訪れてはお腹をぐるぐるいわせています。
その様子は日本語で紹介していますので、こちら。


他にもありますが、おおよそはこんな感じです。
自分としては、毎回これまでやったことのないジャンルにトライしているつもりです。何か1つでも新しいことが学べて、そして皆と楽しい時間を共有できたらいいな、という気持ちで参加しています。

amirisuのリトリートも、新しい体験を提供できるものにしていきたいと頑張っています!