リトリートからのレポート(2)

前回はリトリートが一体どんな様子なのかをお知らせしたくて、ワークショップ以外の部分を中心にお伝えしました。
今回は過去に取ったワークショップについて紹介します。
毎回参加しているリトリートがニット中心のものではなく、絵や写真のリトリートだったので、ラインアップもそんな感じになっています。

*********

Mix Media

ミックスメディア、とはご存知の通り、色々な画材やコラージュを組み合わせて作品を作るアート。絵心がなくてもアーティスト気分を味わえるということで、アメリカでは一般の人々に人気が爆発しているジャンルです。
子供の頃はいつもスケッチブックを手放せなかった私ですが、社会人になって殆ど絵を描くことをやめてしまい、スケッチブックを前に何をしたら良いか分からなかった状態。ミックスメディアだったらハードルが低そう、と思って何度かクラスを取りました。

1人は可愛らしくポップな雰囲気が人気で本も出版しているサラ・ベルマーレ。とてもクラスを教えなれているので、緊張している生徒達の脳をほぐすトリックも沢山持っていて、気がついたらみんな楽しんで創作に没頭していました。
私が作ったのはこちら。こちらから他の写真も見ることができます。

もう1つのクラスはアレナ・ヘネシーというアーティストのクラス。サラよりもスピリチュアルな雰囲気の作風で、それを反映してか、とても面白い体験でした。
クラスのテーマは「潜在意識をアートに反映させる」というもの。ヨガの呼吸や屋外でのスケッチから始まり、短い文章を書いてから、そのなかのイメージを絵にしていくというプロセス。
先生は左から3人目。こんな感じで出来上がった作品を見せながら自分のストーリーを語っていくうちに、泣き出す人が出たりして。このクラスを一緒に取った人とは妙に仲良くなり、今でも良く連絡を取っているのです。不思議でしょ。
私の作品はこれです。ミックスメディアだから、自分でゼロから絵を描かなくて良くて、ステキ。

スージー・ピルグリム・ウォータースはボストン在住の英国人アーティスト。これまで取ったなかでお気に入りの1つは彼女のクラス。シガーボックスにペイントやコラージュをして作品を仕上げるのがとても楽しく、半日があっという間でした。
彼女の作品自体も大好きです。




ペインティング

フローラ・ボウリーはリトリートで教えるようになってから人気に火がついたアーティスト。教えることによって自分独自のプロセスがより進化されたのでしょうか?今ではワークショップも大人気で、世界各地でクラスを開催しています。
私は彼女のクラスを2回取りました。2度目は3日間コース。絵の具にまみれて脳がかき回されるような心地よさがあります。写真はこちら。

ヨガインストラクターでもあるフローラも、ヨガの動きや呼吸からクラスをスタート。お互いの自己紹介をしたりして仲良くなり、互いをサポートしながら作品を作るスタイルです。最初から何を描こうかと決めず、絵の具を塗り重ねるなかからインスピレーションを得るスタイル。何を描こうか決めない、というのが想像以上に大変で、そのため隣の人と描きかけの絵を交換させられたり(!)します。
これは先生の作品。彼女の色遣い大好きです!

写真

フードスタイリングのコースはSquamでは定番で、とても人気があります。私が取ったのはボストン在住のフランス人フードスタイリスト、ベアトリス・ペルトル。彼女はブログから火がついて、新聞や雑誌に引っ張りだこのスタイリスト。私もLa Tartine Gourmandeというブログを時々訪れてはお腹をぐるぐるいわせています。
その様子は日本語で紹介していますので、こちら。


他にもありますが、おおよそはこんな感じです。
自分としては、毎回これまでやったことのないジャンルにトライしているつもりです。何か1つでも新しいことが学べて、そして皆と楽しい時間を共有できたらいいな、という気持ちで参加しています。

amirisuのリトリートも、新しい体験を提供できるものにしていきたいと頑張っています!

Popular Posts